うつ病年齢別症状

うつの特徴を年齢別に分けてみると
次のような特徴になります。

年齢によるうつ病の特徴

うつ病は思春期から老年期まで様々な世代で発症します。
そして、世代世代で特徴的な症状を示します。


学童期  登校拒否、頭痛。攻撃的行動、非行。

思春期  仮面うつ病、ノイローゼ。

青年期  五月病、怠学、薬物乱用、登校拒否、典型的なうつ病。

初老期  焦燥感、不安感、、自責感、自殺念慮、病前性格に執着性格が多い

老年期  不安、焦燥が強い、反応性、心気症状が強い。仮面うつ病。

学童期に関しては、うつ病ではないと言う考えもあります。
と言うのは、典型的な症状が見られず、
身体症状や問題行動、登校拒否という形であらわれるからです。


思春期、青年期はだんだん普通のうつ病に近づいていきますが、
自殺企図なども認めます。


仮面うつ病の症状を表すことが多いですが、
このような行動異常が全てうつ病に関係しているとは限りません。
また、この年代は神経症のこ好発年齢でもあるので
それとの鑑別も必要です。


初老期とは45〜65歳までのことを言います。
上記のような特徴の他に被害妄想を持ちやすいことや
身体的な訴えを起こすことが多くなります。


老年期でも被害的にものを受け取りやすく
(うちの嫁が飯食わせてくれんでの〜〜ってやつです)
トラブルを起こしやすくなります。
鑑別が必要なのは「痴呆、ぼけ」です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。