うつ病の身体症状カテゴリの記事一覧

うつ病の症状、身体

うつ病の症状

うつ病身体症状

不眠 朝起きたときの気分が最悪

睡眠障害  
睡眠障害には「入眠障害」「中途覚醒」「早朝覚醒」などがあります。

眠れないために余計に気が滅入っていき、日中も集中力が低下していきます。
うつ病による不眠には、長い間催眠剤を服用してもあまり改善しません。
それよりも抗うつ薬を睡眠前薬として服用する方がよいとされています。
それでも効かないときには、抗うつ薬と催眠薬を併用していきます。


中途覚醒の場合、寝入りばなは良いのですが、
2〜3時間でパッと目が覚め、その後は努力しても眠れず、
気になっていた資料やメールをチェックし始めます。
明け方に2度寝し、ボーとした状態で出勤。そして遅刻を繰り返します。

早朝覚醒の場合は、いつも起きる時間の1時間前ぐらいに目覚めてしまいます。
起きるには早いので、布団の中でうつらうつらと過ごします。

仕事に集中できずに猛烈な眠気と戦うという繰り返しです。


食欲不振
まずは食欲減退です。非常に頻繁に見られます。
食欲不振に伴って体重減少、便通異常などが見られます。

これらの胃腸症状を訴えると、一般的には胃下垂・慢性胃炎・
自律神経失調症などの診断で治療を受けていることもあります。

全身倦怠感 「いくら寝ても疲れがとれない」
「からだがだるい」

そのほか イライラする、やる気が起きない。物事に集中できない。

急に動悸がする。耳鳴りやめまいが続く。
いままでカラーでで生きてきたのが、
急に白黒写真の中にいるように感じられるなどです。

うつ病対策マニュアル

うつ病の悩みがスッキリなくなります。こころケアからだケア

天然活性水素カプセル 〜奇跡の水濃縮カプセル〜
クロスゼロ

クロスゼロ【ハッピージュン】

ナチュラルな、不安やパニック発作改善サプリメント
AMORYN(気分の抜本改善)

AMORYN(気分の抜本改善)【メンタルサプリストア】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。