うつ病の定義カテゴリの記事一覧

うつ病の定義診断

うつ病と診断されるには
うつ病の定まった診断基準があります。

診断基準

1,抑うつ気分 
2,感情消失(興味または喜びがなくなる)
3,急激な体重変化
4,不眠または過眠
5,精神運動制止または焦燥 
6,易疲労性
7,自己無価値観または罪責感 
8,思考力減退または決断困難
9,死についての反復思考

これらの症状で1と2を必ず含めて
合わせて5つ以上の症状が同時に
2週間存在し病前の機能障害を起こしていること。

また、器質性障害(脳実質に問題がある)や
薬物の作用による障害、精神分裂病でないこと。
となっております。

これがうつ病と診断される基準です。


初発症年齢は20歳代と40〜50歳代にふたつのピークがあります。
もちろん高齢の方が多いです。

最初に躁鬱病と病名を命名したのはクレペリンという人です。
「躁うつ病は感情病、気分障害ともよばれる。
感情と欲動の障害を主徴とする原因不明の精神病躁状態
あるいはうつ状態の病相を1回または2回以上繰り返す。」
となってます。


出現頻度
一般人口においての出現頻度は0.3%〜0.5%といわれていますが、
老人のほうが有病率は高いです。


一般的にも知られてきた病気ですので
めずらしくない病気と言えますね。

うつ病かもと少しでも気になるなら、治る病気なので
ご自分で調べて予防対策してくださいね


うつ病対策マニュアル

うつ病の悩みがスッキリなくなります。こころケアからだケア

天然活性水素カプセル 〜奇跡の水濃縮カプセル〜
クロスゼロ

クロスゼロ【ハッピージュン】

ナチュラルな、不安やパニック発作改善サプリメント
AMORYN(気分の抜本改善)

AMORYN(気分の抜本改善)【メンタルサプリストア】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。